失敗ばかりのエイジングケア!

ページの先頭へ
トップページ > 紫外線あるいは肌のターンオーバー

紫外線あるいは肌のターンオーバー

紫外線あるいは肌のターンオーバーに支障がある場合、肌のくすみとなって現れるという専門家もいます。不調がちなお肌の調子を整えるものとして、一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。
中でも新陳代謝をアップ指せ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血行をよくしてくれるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。


たとえばマッサージに利用するのもありですし、スチームを使う時に、数滴まぜて使用するのもありです。



私は花粉症で毎年辛い思いをしている為すが、スギ花粉の時節がやってくると、敏感肌になって肌荒れが起こってきます。

沿うしたことで、この時期にメイクをしたら余計に肌トラブルが悪化するので、ナチュラルメイクを行っています。

せめてアイメイクだけでも行いたいと思うのですが、肌が本当に敏感になっているため、目がより痒くなり、とてもじゃないけど出来ないのです。肌の悩みで最も多いのは水分量の低下ではないでしょうか。
水分量の低下はとてもやっかいで、それが持とで小じわが出来てしまったり、肌荒れにまでなってしまいます。

そんな悩みにおすすめしたいのが、化粧水をお風呂から出たらすぐつける事です。肌が最も乾燥しやすいのはお風呂上りですので、化粧水をつけるのは10秒以内が目標です。


美しいキメの整った肌は女性が憧れる一番の要素ですね。



美しい肌を保つためには、一番大切なことは保湿です。潤いがしっかりある肌はハリのある肌はトラブルにも強いです。それに保湿の為に意外と必要なのが、日焼対策です。UVは乾燥の基になりますので、ケアを正しく行なう事が大切です。



私の母が朝洗顔するときは、洗顔フォーム類は使用しません。


母は石鹸や洗顔フォームを使わずに水だけで顔を洗う人です。

母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、必要な皮脂までもが全部落ちてしまってお肌の健康に良くないから水だけで洗顔すべきという石鹸不用説を頻繁に話してくれます。


そんな母のお肌は65歳なのにつるつるしています。毎日のスキンケアで困っている事はありませんか?もしトラブルのない美しく強い肌を手に入れたいなら肌の悩みの原因を確実に突きとめてきちんと対応することが第一です。
生活習慣などが原因となる事もよく言われますが、アレルギーが元となっていたという事もあります。



出産(哺乳類が子宮から胎児(積極的に良い影響を与えようとするのが胎教ですね)を出すことをいいます)後の赤ちゃんのスキンケアについて書いた記事は多いですが、ママの肌について書かれていることは少ないように感じます。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大聞く、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。
表皮の再生を促すホルモンが急に減って肌の乾燥がひどくなるため、以前から部分的な乾燥状態だった部分に色素が定着すると、中々とれないようです。
また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特性です。


外からの影響を受けやすいため、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、うるおいを補填するようにケアしたほうが良いでしょう。また、できるだけ睡眠持とるようにしましょう。


妊娠期間の初期の頃にはホルモンバランスが乱れてしまいますから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。

さらに妊娠による精神的なストレスもニキビができる原因の一つになります。

しかしだからといって、抗生剤等は使用できません。正しくホルモンバランスを整えていられるように、この時期にはリラックスして、身体を労わるようにしましょう。

吹き出物が出来てしまうととても気分が滅入ります。ですが、実はお肌の調子ってお腹の調子と深く関係があるらしいので、お腹の中の環境を整えたら、すごくきれいに消えてなくなります。とりあえずお腹すっきり快便生活から初めるためにりんごなどの食物繊維が豊富なものを意識的に食べて、不要なものを体外へ出していったら、ニキビも消えてなくなる戸思いますよ。キメ細かいきれいな肌を維持するには保湿することがとても大切になります。特に乾燥しやすい肌の方は基礎化粧品はしっかり保湿してくれるものを選んで乾燥しないようにきちんと保湿してあげましょう。
きちんと顔を洗ったらできるだけ早く肌にたっぷり化粧水をつけ、それから乳液やクリームをつけて水分をキープしましょう。
Copyright (c) 2014 失敗ばかりのエイジングケア! All rights reserved.